日経平均、年初来高値迫る、348円高、米税制改革に期待

株式市場で「年末株高」への期待が高まってきた。18日の日経平均株価は前週末比348円(1・5%)高の2万2901円となり、11日につけた年初来高値(2万2938円)に迫った。東証株価指数も約26年ぶりの高値をつけた。米税…

... 続きを読む

景気「半年後も拡大」8割、来年度に投資増は3割(社長100人アンケート)

「いざなぎ景気」を超える戦後2番目の景気拡大局面が続くなか、国内主要企業の景況感が大幅に改善してきた。 「社長100人アンケート」で、半年後(2018年6月ごろ)の国内景気が「拡大している」とみる経営者は約8割に達した。…

... 続きを読む

毎月分配投信、17年ぶり資金流出へ、今年、低金利で運用悪化

個人などのお金を専門家がまとめて運用する投資信託で、運用成果の分配金を毎月払い出す「毎月分配型」が苦戦している。2017年は17年ぶりに資金流出となりそうだ。かつては投信販売額の8割を占めたが、世界的な低金利で収益が悪化…

... 続きを読む

師走相場、株先高期待強く、証券・運用各社、好調な企業業績が支え、来年は2万5000円予想多く

12月1日から師走相場に入る。年末にかけ日本株の先高期待は強く、証券会社や運用会社の間では2018年は日経平均株価が11月30日終値(2万2724円)より10%ほど高い2万5000円程度まで上昇するとの見方が多い。 一部…

... 続きを読む