2018年に向けて自己投資の企画を立てていますか?

年の瀬が近づくと来年(2018年度)の自己投資について真剣に考える今日この頃。自分のスキルアップのために「自己投資」をしている人は、社会人の約6割と言われていますが、プレミアバンクの社員の方々が、この社会人の約6割の中に入っていることを願っております。

自己投資の本当の意味を知っていますか?

では「自己投資」とは、どのような意味でしょうか?

  • ・資格を取ってスキルアップ
  • ・セミナーや異業種交流会に参加する
  • ・世界共通言語の英語学習
  • ・人間力を磨く(精神面を磨く)
  • ・書籍や参考書を購入

などが挙げられます。共通点を探してみると「自分を磨き上げるための投資」です。

よく間違われる言葉に「自己消費」が挙げられます。

ストレス解消のために物を買ったり、自分のご褒美においしいものを食べたり、趣味に投資することは「自己消費」だと自分は考えております。

理由としましては、上記にも書きましたが「自分を磨き上げるための投資」になっているのかで、自分は区別しています。

物を買ったり、おいしいものを食べたり、趣味を満喫したとしても、自分の成長(スキルアップ)にはならないからです。(知恵や成長としてたまらない)

自己投資の金額はどれくらいが平均?

では、今から「自己投資」を始めようと思っても「いったいどれくらいの金額を自己投資に使っていいのか」という疑問を抱くと思います。

調査データ一の結果によりますと「自己投資」の平均金額は、年収の10%がベストだと言われています。例えば年収400万円の方ならば、40万円以内が日常生活などに支障が生じません。

ただ40万円以内だからといって、月1万円未満だと心もとない気もしますが…

しかし、自己投資するなら金額の大きさよりも『投資対効果』を意識することがベストではないでしょうか。

自己投資を始める一番いい年代は?

ことわざで「苦労は買ってでもしろ」とありますが、やはり自己投資を始める一番いい年代は「20代~30代前半」がベストだと言われています。

40代・50代・60代の方には少し残念な結果ですが「自己投資」とは「自分を磨き上げるための投資」です。

シンプルに言いますと、自分の『出世と転職』を表します。

もちろん40代・50代・60代の方でも「出世や転職をまだまだできるはずだ!!」と思っているガッツがある方もおられるでしょうが「スキルアップやキャリアアップ」の方が現実的だと思います。

プレミアバンクの社員の皆さん、60歳以降も安定した職場で一定の給与をもらうためには「20代~30代前半で自己投資」を始めるのがその後の人生の大きな資産になると思います。

また「自分は会社で給料をもらいながら経験を積みたい」と言う考えの方もいらっしゃると思いますが、自分でお金を払うことによって「勉強するぞ」と学ぶ姿勢ができたり、意欲が湧いてきたりするものです。「自分は会社で給料をもらいながら経験を積みたい」と思っている次点で、あなたの『出世と転職』は、決して現在の状況より良い状態にはならないと思います。

最後に「自己投資」されたお金は「自己消費」と違い『知恵や成長』になってたまっていきます。皆さんも来年(2018年度)の自己投資を考えてみてはいかがでしょうか。

執筆者:マーケティング本部

Similar Posts:

The following two tabs change content below.
PREMIERBANK

PREMIERBANK

マーケティング本部株式会社プレミアバンク
株式会社プレミアバンクの「スタッフブログ」です。資産運用、仕事観、ライフスタイルなど、様々な情報を株式会社プレミアバンクのスタッフが書いているブログになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です