クリスティアーノ・ロナウド選手が、何故「タトゥー」を入れていないかご存知でしょうか?

海外サッカーのトッププレイヤーで、タトゥーを入れている選手は多いですし、現在の日本でも一般人や芸能人がタトゥーを入れていることも珍しくありませんね。

昔はタトゥーは呪術的な意味を持っていたらしいのですが、現在のタトゥーは「オシャレ」の一部として入れる人が多いようです。

  • 個性を主張したい
  • 精神的な支えとしたい
  • おしゃれに見られたい

など様々な動機があるようです。

しかし、クリスティアーノ・ロナウド選手が「タトゥー」を入れていないのを、皆様はご存知でしょうか?

クリスティアーノ・ロナウド選手と言えば『バロンドール賞』をこれまでに3度も受賞しており、サッカー界の中心で活躍し続けるスター選手ですね。

ではクリスティアーノ・ロナウド選手が、何故「タトゥー」を入れないのでしょうか?

I was surprised.

自分はあまりサッカーに詳しくないので、サッカーファンの間では当たり前かも知れませんが、その理由を聞きまして大変驚きました。

それはなんと「献血をやるためにタトゥーは入れない」らしいです。

クリスティアーノ・ロナウド選手は、慈善事業に熱心に取り組んでいるらしく、子供たちのために定期的に献血を行うため、体にはタトゥーを入れないと決めているらしいです。

日本赤十字社によると「タトゥーや刺青の類を入れた場合は少なくとも1年間はご遠慮いただいております。それ以降は医師の判断によりご協力をお願いしています。」とも書かれています

株式会社プレミアバンクの社会貢献・CSR活動

株式会社プレミアバンクでは慈善事業ではないですが、社会貢献活動(CSR)に積極的に取り組み、日々の活動を通じて豊かな社会づくりとその持続的な発展に貢献し、企業の社会的責任を着実に果たしております。

小児がんへの理解と支援の輪の広がりをめざして「ゴールドリボンウオーキング」に参加させていただきました。

参加費がユニセフ募金となり、開発途上国の子どもたちの健康に役立てられる、ユニセフ・ラブウォークに参加させていただきました。

宮城県気仙沼市の被災者に対する復興支援事業(ジュニアサッカー交流)に参加させていただきました。

アイメイト協会からのご紹介で、アイメイト(盲導犬)使用をしている視覚障がい者様とアキレスが主催するマラソン練習会に、株式会社プレミアバンクスタッフが伴走者として参加させていただきました。

最後にサッカーだけでなく、慈善事業という役割もしっかりと行うクリスティアーノ・ロナウド選手は、本当の意味でのスーパースターですね。

株式会社プレミアバンクもクリスティアーノ・ロナウド選手の慈善事業に対する熱い姿勢を、どんどん見習っていきたいとと思います。

それでは早速、株式会社プレミアバンク全社員の背中にタトゥーが入れていないかを見てまいります。

わたしを除き…

執筆者:株式会社プレミアバンクWEB制作部

Similar Posts:

The following two tabs change content below.
admin

admin

株式会社プレミアバンクの「スタッフブログ」です。資産運用、仕事観、ライフスタイルなど、様々な情報を株式会社プレミアバンクのスタッフが書いているブログになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です