今さら聞けない!投資信託の話その④

こんにちは、株式会社プレミアバンクの齋藤です。今回は投資信託のコスト(費用)についてです。

投資信託はプロに運用を任せることになりますので、コスト(費用)がかかることになります。主なコスト(費用)は「販売手数料」と「信託報酬」で、一部商品では「信託財産留保額」がかかるものがあります。

まずは「販売手数料」です

まず「販売手数料」ですが、0%から3%ほどかかります。証券会社や銀行の店頭窓口で購入する場合は2%とか3%ほどかかるケースが多いです。一方、インターネット経由で購入する場合、最近はこの手数料がかからないケースも増えてきました。

「販売手数料」がかからない投資信託は、ノーロード投信といいます。店頭では商品の説明や相談しますのでそのコスト(費用)と考えても良いと思います。

インターネット経由では、ご自分で考えて投資しますので、この「販売手数料」がかからない場合があると考えてもいいですね。この「販売手数料」がかかるか、かからないかは運用効率を考えれば非常に大きいです。

例えば100万円投信したとします。「販売手数料」が0%であればそのまま100万円から運用を開始できます。

しかし、3%であれば「販売手数料」は3万円になりますので、97万円から運用を開始しなければなりません。投資信託が値上がりして100万円までいって初めて元の投資元本になりますので非常に大変だと思います。

なお、同じ投資信託でも取り扱っている金融機関によって販売手数料が違いますのでご注意ください。この場合、もちろん安い金融機関の方が有利になります。

次に「信託報酬」です

報酬と記載されていますので、貰えると勘違いしてしまいがちですが、こちらは費用(コスト)となります。投資信託を購入した時から売却した時までかかります。

運用期間中は、信託財産から間接的に「信託報酬」が差し引かれます。これは運用にかかる費用や運用報告書等の作成費用、運用資産を保管する費用などをまかなうもので、投資信託を運用する運用会社・その投資信託を販売する販売会社(金融機関)・運用している株や債券を保管する信託銀行の3者で配分されます。「信託報酬」は年率で記載されています。

信託報酬の率も様々です。インデックスファンドは安く、アクティブファンドは高い傾向にあります。

信託報酬は、投資信託の基準価額(値段)を毎日算出する際に日割計算して差し引かれます。

例えば、ある投資信託の信託報酬率が1%。基準価額(値段)が10,000円で100万円投資します。そして時価がまったく動かないとした場合、年間の信託報酬は100万円の1%の10,000円かかります。

したがって100万円投資した金額は99万円になります。もし、信託報酬率が0.1%であれば1,000円ですので99万9,000円となります。このように信託報酬が高いとその分資産が目減りすることになりますので、今は信託報酬が安いものが人気になっています。

次に「信託財産留保額」がです

購入時と売却時にかかるものがありますが売却時にかかるものが大半です。信託財産留保額は、売却時のペナルティとして運用している投資信託に残す財産をいいます。運用会社や販売会社である金融機関の収入になるものではないため、信託報酬や販売手数料とは趣が異なります。

例えば、株式投資信託で運用していたとします。その投資信託を解約しようとした場合、運用している株式を売却することが必要です。その際、株式を売るのに手数料がかかったり、売って損をしたりするなど「費用」が発生します。この「費用」を投資信託を保有している人に負担させるのは不公平です。

そこで解約する人に「ペナルティ」を支払ってもらおうというのが信託財産留保額です。したがって保有している人にとってはメリットにもなります。

また、運用する側では、頻繁に解約されると値上がりすると思っていても株式を売却しないといけなかったりして安定的な運用ができなくなります。信託財産留保額がかかると安易に解約しにくくなりますので運用を安定させる効果も期待できます。そのため、この費用がかかるからといってその投資信託が悪いとは必ずしも言えません。

その他信託報酬以外のコストとして信託財産から「監査報酬」「売買委託手数料」などの費用が差し引かれます。ただ金額的には信託報酬よりはるかに小さいです。

投資信託のコスト(費用)のまとめ

以上のように投資信託にはいろいろな費用があります。昔は新しい投資信託が出ると、金融機関にとっては、購入時の販売手数料が入るので保有しているものを解約して乗り換えさせたりする回転売買がよくありました。

今はそのようなことを頻繁にすることができないはずです。もし乗り換えませんか、と言われた場合は、納得できる理由であるかどうか確認ください。

以上のように投資信託にはいろいろコスト(費用)がかかります。コストは運用効率を下げますので、コスト意識を持って上手に運用してください。

次回は、投資信託の変動リスクについてご説明いたします。

今回もお読みいただきありがとうございました。運用でお困りの方はコンサルタントの齋藤がご対応させていただきます。お気軽にご相談ください。

齋藤勝利が適切なアドバイスを致します!!
株式・投信信託・資産運用でお困りの方は、齋藤勝利無料相談室
フリーダイヤル『0120-114-516』齋藤まで

  • 銀行や証券会社に勧められて買った投信が損したままだ。
  • 担当者がコロコロ代わり相談ができる人がいない。
  • 自己判断だけで損してばかり
  • リーマンショック以上の暴落は来るのか?・・・・ などなど。

投資を始めたけどよくわからない方、自己流で初めてみた方、何年も投資の経験のある方でも、様々な悩みや疑問があると思います。

本来、投資はギャンブルや単なるマネーゲームではありません。ご自身のリスクに合わせて、じっくり運用していくことがうまくいくコツです。

是非、普段疑問に思っているモヤモヤを解決して、スッキリしてください。

※ブログのコメント欄でも投稿可能です。

Similar Posts:

The following two tabs change content below.
齋藤勝利

齋藤勝利

コンサルタント・ファイナンシャルプランナー・証券アナリスト検定会員・ファイナンシャルプランナー(AFP)株式会社プレミアバンク
証券会社、大手信託銀行で資産運用の提案に長く従事。株式市場を30年以上見続けている経験を活かしお客様のお考えや希望に沿った提案をすることを心掛けています。また、資産運用の伝道師として多くの方に興味を持っていただけるようわかりやすい言葉でお伝えします。 株式・投信信託・資産運用でお困りの方は、齋藤勝利が適切なアドバイスを致します!!『齋藤勝利無料相談室フリーダイヤル:0120-114-516』齋藤まで、お電話かコメント欄に投稿してください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です