一流企業の社長はなぜトイレ掃除をするのか

こんにちは!株式会社プレミアバンクの塚越です。

一流企業の社長やカリスマ経営者と言われる人が自ら会社のトイレ掃除をしている、という話を聞いたことがあると思います。

掃除をしたら売り上げが伸びた、社員や職場の雰囲気が変わったなど、ビジネスと掃除が関連付けられるエピソードは多数あり、弊社代表の真山もその例に漏れず、お客様のため・会社のため・社員のために、社員が帰ったあとフロアの掃除機掛けやトイレ掃除を一人で黙々と行っています。

では、なぜ一流企業のトップ自らがトイレ掃除をするのでしょうか?

そもそも掃除はすべての基本

そもそも掃除というのは、全ての仕事の基本といえます。段取り・マインド・滅私奉公の心構え、躾といった部分が大きく関係するため、掃除ができない人間は仕事ができるわけがありません。

丁稚奉公やお寺の小僧さんは店先・軒先の掃除から始まります。武道の道場なども掃除に始まり掃除に終わります。

「経営の神様」と呼ばれる松下幸之助氏も、「自分の身の回りを掃除できない者が、天下国家を掃除できるわけがない。」という言葉を遺していることからも、掃除がいかに重要かが分かると思います。

私自身、今までの交代制の掃除当番を廃止し、自分で職場を掃除をするようになった結果、会社のこと、社員のこと、部署の事情などが理解できるようになってきました。

掃除をしていると、机や周囲の整頓具合、書類やモノの扱い方が嫌でも目に入り、その社員の人柄や性格、仕事に対する姿勢が手に取るように分かるようになります。

これらの情報は、いくら普段取り繕ったり、見栄えをよくしていても、決して隠し切れない本心であり、日々の仕事や人間関係、自身の教訓として活かすことができます。

トイレ掃除をして分かったこと

私がトイレ掃除を続けてわかったことは、トイレ掃除をすることで「気遣い」や「思いやり」、「謙虚さ」、「滅私奉公(自己犠牲)」といった、いわゆる「人間力の成長」を実感できることです。

日々の暮らしの中で、一番汚いのがトイレです。自宅ならまだしも、赤の他人も使用するトイレを自分の手で掃除するにはかなりの「気合」が必要です。

はじめのうちはかなり抵抗感があり、「なんで俺がここまでやるのか」と思っていましたが、数を重ねるごとにそういった「私欲」が薄れ、「気遣い」や「感謝の気持ち」、「ひたむきさ」が出てくるのを実感します。

掃除をすることでトイレを綺麗に、オフィスを綺麗に使用する癖がつきます。なぜなら、掃除をするのは自分ですから、汚した分だけ自分が苦労するからです。それがひいては、相手に対する思いやりや気遣いが生まれ、仕事の成果や人間力の成長、評価に繋がっていくのだと思います。

特に、上に立つ人は決して傲慢になってはなりませんから、そういった「我」をなくし、トップたるに相応しい人物であるための、ひとつの修行の場、精神修養の一環として、一流の人達はトイレ掃除をしているのだと思います。

滅私奉公で率先垂範してこそ価値がある

「自分はプロフェッショナルだから掃除など専門外のことはやらない」と掃除などの雑用は一切やらない人や、交代の当番制でやっていたりしますが、そのような心構えや「やらされ仕事(雑用)」でやっているようでは、結果として何の意味もなく、場合によっては仕事や職場に悪影響を与えます。

また、当然ながら評価をして欲しいという下心で行っても、「やましい奴」というレッテルを張られるだけです。

滅私奉公で自ら進んでそういった「汚れ仕事」を出来る人が、今後も会社や組織に必要とされる人物足りえると思いますし、人として大きく成長できるものと思います。

まして、特に営業職であれば、トップが率先垂範して行動しているのに何もしない、手伝わないという有様では、お客様のために仕事ができるとは到底思いません。仕事ができればいい、成果を出せばいいという外資系のような考え方では視野が狭いとしか言いようがありません。

AIやロボット化が進む今、成果やスキルだけで生き残るのは難しい時代になりつつあります。このような時代だからこそ、機械では決してできない人間力のある人物が求められるのは間違いありません。

会社やいまの境遇、上司や同僚の不平不満を言う人が世の中には多くいますが、掃除を進んでやるだけでガラリと変わりますので、ぜひ今日から始めてみてはいかがでしょうか。

執筆者:株式会社プレミアバンクメディア事業部 塚越

Similar Posts:

The following two tabs change content below.
PREMIERBANK

PREMIERBANK

マーケティング本部株式会社プレミアバンク
株式会社プレミアバンクの「スタッフブログ」です。資産運用、仕事観、ライフスタイルなど、様々な情報を株式会社プレミアバンクのスタッフが書いているブログになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です