円安シナリオに落とし穴、米長短金利、来年に逆転も、景気後退のシグナルか(ポジション)

2018年にも米国の長短金利が逆転する――。市場参加者の間で、こんな見方が浮上している。米連邦準備理事会(FRB)が利上げを進めて短期金利が上がる一方、運用難から世界の投資マネーが米長期債に流入して長期金利の上昇を抑える…

... 続きを読む

気がつけば格付け先進国、日本企業、75%がA格、米の2倍、成長より借金返済、市場は低評価

日本企業の信用力を示す格付けが右肩上がりに上昇している。高格付けの目安となる「A格」以上の比率は足元で75%に達した。約4割の米国の2倍だ。バブル経済の崩壊以降、借金に苦しんだ日本企業は強い財務を経営課題に据えた。気が付…

... 続きを読む

日経平均、年初来高値迫る、348円高、米税制改革に期待

株式市場で「年末株高」への期待が高まってきた。18日の日経平均株価は前週末比348円(1・5%)高の2万2901円となり、11日につけた年初来高値(2万2938円)に迫った。東証株価指数も約26年ぶりの高値をつけた。米税…

... 続きを読む

景気「半年後も拡大」8割、来年度に投資増は3割(社長100人アンケート)

「いざなぎ景気」を超える戦後2番目の景気拡大局面が続くなか、国内主要企業の景況感が大幅に改善してきた。 「社長100人アンケート」で、半年後(2018年6月ごろ)の国内景気が「拡大している」とみる経営者は約8割に達した。…

... 続きを読む